トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 子供の矯正について

投稿者 長谷川千尋 日時 2011 年 10 月 29 日 00:00:50

回答先: 子供の矯正について 投稿者 とぽ 日時 2011 年 10 月 27 日 16:56:00

子供さんが嫌がっているということが、大きな要因でしょうか?
  金銭的にどうしても無理…でなければ、継続していただきたいと思います。
  子供さんはおそらく「良くなった」という実感がまるでないのでしょう。「面倒なものをつけていただけ」くらいにしか思っていません。10歳の小学生くらいで歯並びを気にしている子はほとんどいません。諭されて従っているだけです。
 治療する側としては遣り甲斐が萎える部分ではありますが…。
 なので途中の段階で最初と変化してよくなったことを模型を示して見せています。
 それでも後半の、表面にブレース(ブラケット)をつける段になるとどうしてももう止めたい…という子は居ます。仕方なく希望には応じますが、その子が成人になってその後中年に差し掛かって…どうなっていくか…私たちには見えています。昔矯正を中断したそういう年齢の人も見ているからです。
 きれいに並べて終了してもリテーナーを怠ると乱れが来るものです。ましてやまだ問題があるところで止めると、何もしなかったのと大して変わらない予後になってしまうかもしれません。
 歯並びを「成績」と置き換えて考えてはいかがでしょうか?
 何もしなくてもきれいな歯並びの子は居ますが、同様にもともと成績がいい子もいます。
 成績が今一つの子だったとして、お金かけて塾に行かせているとします。子供さんが「もう塾に行きたくない。勉強したくない」と言ったら、ああそうだな、子が嫌なら辞めさせよう…と応じるのでしょうか?
 もう少し勉強すれば成績の良い子と肩を並べることができるのだから、続けないといけないじゃないか!と子に言う親のほうが多いと私は思うのですが、いかがでしょう?
 もう少し頑張ればきれいな歯並びが待っているのに(しかも成績と違って自分では何もしなくてもいいのに)…
 状況として続けなくてもいい理由がほしいと思っておられるかもしれませんが、矯正を手掛けている先生が第二段階が必要…と診断されたわけですから、続けてほしいと思います。
歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.