トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 親知らずを治療しないまま海外へ

投稿者 長谷川千尋 日時 2011 年 7 月 28 日 00:47:31

回答先: 親知らずを治療しないまま海外へ 投稿者 yz 日時 2011 年 7 月 27 日 18:22:54

親知らずがどういう状況なのか、ということが全く書かれていませんね。
 状況によって回答は全然違ってきます。
 
 ですが敢えて推測で書きます。

 親知らずがあることが判明しました、
 と、
 書いてありますので、
 歯の奥の方が痛むので歯科医院へ行ったら、
 親知らずか生えかけていて、周囲の歯茎が腫れていた、という感じでしょうか?
 
 極端なことを言えば、このような場合には身体を休めて体力(免疫力)を回復すれば
何もしなくても治ってきます。
 ただ、時には思い切り顔が変わるほど腫れる可能性もあります。
 
 下の親知らずの抜歯後は傷の痛み腫れが長引くこともありますから、今抜歯すると、出発時にまだ痛いという可能性がありますから、留学数日前の抜歯は適当ではない、と多くの歯科医は考えるでしょう。
 その先生の信条はあんまり関係ないと思います。

 1ヶ月という短期間なので、何事もなく過ぎることもあるでしょう。
 「危険」…のように考えるのは心配しすぎのような気がします。
 
 留学中に痛くなったら、睡眠時間を十分に取り、休むべき時は休むことです。腫れても冷やさないように。腹も冷やさないこと。1週間も薬を飲んでいれば、無理しなければ引きますよ。
 多くの学ある人が勘違いしてすることとしては、
 薬で抑えて、元気なときと同じ活動をしようとすることです。
 風邪を引いたり歯が痛くなったら、休息が必要です。

 留学中にどうしても痛みが治らなかったら現地で歯科を受診すれば、お金は掛かるかもしれませんが、留学体験の一つとして良いのではないですか?
 こんなページもあります。
http://life.jams.tv/health_dental/com
http://www.melbourne.au.emb-japan.go.jp/ryojibu/touchi/nihongotaiobyoin.html

 どうしても薬を多めにほしいのであれば、
 健康保険では出せませんから、実費でもう1週間分もらえば良いと思います。

  

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.