トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 根治療中の歯

投稿者 長谷川千尋 日時 2011 年 6 月 01 日 00:37:11

回答先: 根治療中の歯 投稿者 やまだ 日時 2011 年 5 月 28 日 23:26:31

もともと神経の入っていた根の中の管、すなわち根管は内面は洞穴のようにデコポコです。薬で密封するために平滑なトンネルのようにする必要があります。
 ガリガリしているのはそのためです。
 また、
 根の先、歯の周囲との境目あたりで、感染による炎症があると、壊死組織や膿みなどが溜まり、治癒を邪魔するので清掃消毒するひとようがあります。それも同時にしています。それらが根管に入り込むので、ガリガリと壁をひっかいて除去していることもあります。
 おおむね、
 外から叩いて痛くない、他の歯と同じ響き加減になったときに治癒傾向と判断して、密封の薬を入れます(根管充填)。
 痛みが強いときはあまり触らないし、
必要があれば5分と言わず30分もしていることもあります。
 治療間隔は数日から一週間程度が適当です。
 回数は1〜2回で済むこともあれば何十回ということもあります。
 治らない場合には回数は増えていきます。
 手用器具が主体ですが、機械も使用することもあります。
歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.