トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 神経処理後の痛み

投稿者 長谷川千尋 日時 2011 年 5 月 25 日 00:17:16

回答先: 神経処理後の痛み 投稿者 みぃー 日時 2011 年 5 月 22 日 23:33:27

歯の中の神経を取れば痛みは直ぐ無くなる…
 わけではなくて、
 神経を除去した後には根の先に切断面の傷があります。
 傷が治らないと痛みは続きます。
 通常は痛みがほぼ無くなってからあるいはほとんど無くなったときに根管充填(密封の薬を詰める)をします。
 しかし、
 傷が癒えないときもあり、その場合は微妙な痛みが継続します。
 その場合は密封した薬を除去し根管治療をやり直して、傷が治るように促します。
 
 歯の中の神経が入っている管は、単純なものでなく、枝分かれを多くしていることもあります。
 痛みが引きにくい場合は枝分かれの部分の神経が生きている…という場合もあります。
 歯科医の技術の問題ではなくどうしても取れないような枝もあります。
 この場合も根管治療をやり直して神経を乾死させる薬を入れるなどして、
 いずれにしても痛みが無くなったら再度根管充填を行います。

 根管充填の薬がきちんと入っていなくてやり直すのは当然ですが
 きちんと入っていたら痛みは消えるというものでも無いのです。

 とにかく引かなければやり直しと言うことです。


歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.