トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 歯の破折

投稿者 長谷川千尋 日時 2011 年 2 月 27 日 00:10:58

回答先: 歯の破折 投稿者 よこ 日時 2011 年 2 月 24 日 18:51:47

やり直す場合に
 クラウンのみ撤去して新たに製作する場合は、それによる破折の確率の増加はありません。
 根の部分は触らないからです。

 コア(土台=根にはまり込んでいる)も除去する場合は、根の歯質に触るので、
僅かでも歯質が薄くなる可能性がある=破折の可能性が僅かでも高まる…ということはあります。
 
 歯は毎日噛むという強い衝撃を受けています。
 何か手を加えなくても
衝撃の繰り返しで
修復物は接着剤がはがれて脱落することもありますし、
時には
全く治療していない歯でも破折することはあります。
比較的歯がしっかりしている人で、年齢は中高年以上…長年歯を使用した人です。
 
破折した場合、
破折の程度によって、予後は違います。
少し掛ける程度なら、クラウンをやり直せばよいですが、
いきなりその歯全体を抜歯のこともありますし、
半分抜歯して半分残すこともあります。


歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.