トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 差し歯

投稿者 長谷川千尋 日時 2001 年 2 月 02 日 09:15:25

回答先: 差し歯 投稿者 みゆ 日時 2001 年 1 月 31 日 15:15:32

 気が進まないのであれば、少し待つとか、もう一度担当医と良く相談
されてはいかがかと考えます。上唇の裏のすじ(上唇小帯)が大きいため
隙間が出来ていたようですが、すき間は気になっていれば埋めたほうが
良いことは良いですが、方法は差し歯だけではありません。

 歯列矯正もあります。状況によりますが、全部の歯並びを治すのでな
くて部分的に治すことも可能な場合もあります。保険は利きません。

 考え方次第ですが、私ならまず樹脂の詰める材料で歯の形になるよう
に盛りあげて、すき間を埋めるのを勧めます。利点は削らずに済むこと、保険の材料で出来ることです。

 欠点は、脱落しやすいこと(でもまた盛ればよい)、口の中で形を作る
のがなかなか難しいことがある、樹脂は変色してくることがある等で
す。盛り上げと差し歯と共通する欠点は、すき間の部分だけ歯が大きく
なるので、その大きさが許容範囲でないと困る…ということです。ま
た、保険の差し歯も表面は樹脂ですから変色する可能性もあります。

 最近の材料はかなり改善していますが、長い年月の間には、あるいは
食生活によっては変色します。

 保険でなければ、ラミネートベニアという方法であれば、削るには削
りますが、僅かに表面を削るだけで出来ます。隙間が僅かであれば、隙
間を生めるように形作れば良いのです。


 差し歯が良くないということではありません。
 抵抗感があるのであれば…ということで他の方法も考えてみました。
 上唇小帯の切除はされたほうが良いと思います。差し歯にしても、十
分手入れが行き届けば、余計に悪くなるというものでもありません。す
きまを埋めたい気持ちがどの程度か…ということで良く考えて決めてく
ださい。
 

    ∞長谷川千尋♂♂
   健康な歯で幸せも噛みしめて
    はせがわ歯科医院
 愛知県海部郡甚目寺町森下田室58−1
  Tel 052-441-1423 Fax 052-443-6082
http://www2.ecall.co.jp/dental.html
  e-mail ec2530@ecall.co.jp
http://www.hasegawa.dental-town.com

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.