トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 歯間ブラシの使い方

投稿者 長谷川千尋 日時 2010 年 11 月 28 日 22:57:08

回答先: 歯間ブラシの使い方 投稿者 A 日時 2010 年 11 月 26 日 18:05:35

歯周病は歯と歯の間から主に進行していきます。その場所がもっとも歯垢がたまりやすいのです。
 よって、歯と歯の間をしっかり磨くことは重要です。
 若いうちは歯間ブラシは入らないのでデンタルフロス(糸ようじ)を通して磨きます。
 若くなくなってもまだ歯間部の歯肉がしっかりあって歯間ブラシが入らない場合はフロスが適しています。
 今歯間ブラシ細いものはSSSS(4S),SSS,SS,S,M,Lとあります。
 歯間ブラシは小が大を兼ねると思ってください。太いブラシを細いところには入れられませんから、狭い細いところに入るものを選択してそれで広い場所も磨けばよいです。
 歯間ブラシを突っ込むときに、水平に入れたつもりでも歯茎の方に突き刺してしまう方向に入ってしまうことがあります。
 噛む面の方向に少し角度を付けて入れるイメージで使用すると、歯茎を傷つけずに済みます。
 歯間ブラシのせいで余計に隙間が出来る…とは思わないでほしいです。
 使わないでいて、炎症のある歯肉が残っている方が、その下の歯槽骨は確実に吸収されてひいてはより広い隙間が出来てしまうのです。


歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.