トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

レジン充填後の低い咬合

投稿者 マム  地域 神奈川県  日時 2010 年 10 月 15 日 17:17:19
こんにちは。
先日、某歯科医院にて上顎左4番5番の虫歯治療で
先ず麻酔をかけてから両方(4番5番)の舌側咬合面(小窩裂溝?)
に穴を空けレジン充填をしました。
その後、麻酔が効いている間に噛み合わせチェックをし、
少しずつ削って調整して、最初は丁度良い感覚だったのですが
麻酔が切れてくるにつれて、だんだん噛み合わせの感触が薄くなってきて
少し低いなぁ…と感じるようになってきました。
(上顎左4番5番の舌側咬合面に下顎左5番の咬頭がわずかに当たらない)
おそらく数ミクロン単位の離解だと思うのですが
削りすぎて低くなってしまった場合、
レジンを盛り足すことに問題はないのでしょうか?
そしてこのようなケースは再治療費はかかるものでしょうか?

また、レジンで充填した個所に強い咬合力が加わると
割れたりすることがあると聞いた事もあるので
逆に、あまり強く当たらない方が良いのかな?と思ったり、
低い噛み合わせだと歯が伸びてくるとも聞くので
それを待った方が良いのかな?とも思ったり…。

このようなケース、長谷川先生ならどのように対処していただけるか
ご意見を聞かせていただけると参考になります。
宜しくお願い致します。

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.