トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 前歯の異常

投稿者 長谷川千尋 日時 2010 年 8 月 22 日 23:23:43

回答先: Re: 前歯の異常 投稿者 匿名 日時 2010 年 8 月 21 日 16:53:40

最近は質問はめっきり減りましたが、12年の間で海外からも200件くらいは質問があったと思います。
 欧米の先進国にいても、費用だけでなく外国での治療に不安があると言われることが非常に多いです。
 
 最後まで全て任せなくても良いと思うので、一度受診してみてはどうかと思うのです。
 もうすぐ帰国するから…とか何とか言えばいいと思います。
 今、自分の口の中はどうなっているのか…ということは、一度受診すればはっきりするでしょう。
 帰国まで何とかなりそうな診断であれば、我慢するというてもありますし、それが非常にまずいとしても、最低限の治療で置いて貰うように頼んでも良いのではないか?と思います。
 というのも、
 私の診療所はブラジル人が多くて、不景気で帰国する方も多いし、やはり自費で費用も気にされますし、要望に応じて限定した治療で留めることも良くあります。
 費用を気にしすぎてまずいことになってもいけない…と言う気もします。
 どんなに必要と言われても、いやだったらノーと言えばいいのです。

 ストレスで歯が痛いこともあり得るし、リステリンの刺激も有り得ますが、
 書かれていたような強い痛みが出るかというと出ないような気がします。
 <はっきりしない>痛みがあって、肉眼的レントゲン的にみても異常が認められないような場合に、ストレスからかも…と伝えることはあります。

 歯茎が退縮して根が露出してくるのは、年齢のこともありますし、歯周病が進行しての場合もあります。
また、歯並びが悪くてもともと列からはみ出ている歯は露出しやすいです。
 歯軋り食いしばりがあると、露出しやすいこともあります。横みがきに大きく強く磨くと、歯ブラシと歯磨剤で歯茎が退縮していくこともあります。

 ごく一部の例では、手術によって退職した歯茎を戻すことが出来ることもありますが、多くは戻りません。



歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.