トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 根官治療

投稿者 長谷川千尋 日時 2010 年 7 月 30 日 23:46:54

回答先: 根官治療 投稿者 あつ 日時 2010 年 7 月 27 日 17:03:52

まず、冷たいものが凍みる歯は、膿の袋がある歯とは別でしょう。根管治療してある歯は、熱いものに染みる症状は出ても、冷たいものには凍みません。よって、そばの別の歯でしょう。

 根管治療は、全くの新人か、よほど高齢の先生でなければ、歯科医によってそれほど治療内容に差は出て来ないと思います。患者さんが多い歯科医院では、確かに治療時間が取れずに回数がやや多くなることはあると思います。
 1回の治療時間は、その歯の種類や症状によって違いますから、適正な時間というのが決まっているわけではありません。根管数が1本の前歯では短くなり、根管数が3〜4本の奥歯で長くなります。奥歯は治療しにくい分、根管数以上に前歯より時間が掛かります。
 急性症状が出ているときは、あまり触らずに直ぐ終わってしまうこともあります。刺激して更に痛くなることがあるので、敢えて直ぐ終わるのです。
 痛みが無いか軽度で、根管が詰まっていたりすると長くかかります。
 普段余り痛くもないときは、「根の先に膿がある」という表現をしたとしても、身体の免疫力と平衡状態になっていて、特に増えもせず、僅かに根の先に留まっているのです。
 
 そのまま今の歯科医院で治療すればいいと思いますけど。


歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.