トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

顎関節症治療について

投稿者 みゆっぺ 日時 2001 年 1 月 26 日 21:59:22
はじめて書きます。
私は鹿児島に住んでいる24歳のOLです
15歳の時乳歯の下に永久歯がこなくて永久歯の下に永久歯が来てしまい、しかたなく
はえている乳歯と永久歯2本をいっきに抜歯することになり、その日以来両方の歯で噛めなくなり
それから半年後、顎に痛みと違和感を感じ、病院へ行くと顎関節症と診断されました。
それから開口量はどんどん減って行き、punpingや造影、MRI・・・いろんな治療と検査を
くり返し、口腔外科と矯正科で食事指導や開口練習をしていました。
18歳のとき、開口量が2〜3ミリになり食事が出来なくなり、1回目の手術をしました。右側顎関節円板剥離受動術をしましたが、再び再発、20歳で同じく右側の円板摘出手術をしました。
しばらくは症状は落ち着いてましたが、今度は噛みあわせが悪くなり
24歳の今、奥歯の一点しかかみ合っていないと言われています。上顎が前に出ていて上と下の歯の間がかなり開いてるんです。
その為、下あごを前に出すような感じのスプリントを昨年の10月からつけています。
それに現在は左側の関節の痛みがひどく開口量が14ミリにまで減少してきてます。一番開いたときは
3、5センチくらいでした。
昨年で10年を迎えてしまい、かなり長い治療期間になってきているのですがこのまま手術をしなくても
治る見込みはあるのでしょうか・・・。でも私自身、どんなことをしてでも治したいと思っています。たとえ手術や外科矯正をしても・・・。
長くなりましたが、なにかいい案があれば教えてください。


歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.