トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 麻酔が使えない

投稿者 長谷川千尋 日時 2009 年 10 月 03 日 23:11:51

回答先: 麻酔が使えない 投稿者 里佳 日時 2009 年 10 月 01 日 02:05:59

キシロカインは商品名で一般名はリドカインです。歯科だけでなく広く使われていますが、他のものもあります。
 設備のある病院で皮内テストか何か、アレルギーのテストをして使える麻酔薬が見つかればそれで行うことが出来ます。スキャンドネスト(メピバカイン)、シタネストオクタプレシン(プロピトカイン・フェリプレシン)などがあります。
 
 アスピリン喘息(ですか?)の場合は、よく使われる酸性の非ステロイド性消炎鎮痛薬は使えませんが、塩基性の鎮痛薬(ソランタール(チアラミド)、メブロン(エピリゾール))は絶対ではないが誘発は非常に少ない、とされています。
 余り使われていないと思うので個人的意見…として書きますが、アコニンサンという漢方製剤の鎮痛薬があります。私はこれを使っています。
 歯痛に効く立効散もありますが、強い歯痛には効きづらいと思います。
 
 抗生剤は、ある系統の薬が駄目だとしても、鎮痛薬のように多くの薬が駄目…にはならないと思いますので、呑める系統を知っておく必要があります。

  以前は麻酔せずに、ある程度穴を開けて神経を殺す薬(ネオ・アルゼンブラック)を入れる方法がありました。その薬は今は製造中止で手に入りません。大学病院か、ある程度古い歯科医院には残っている可能性はあります。
 ただ、痛みが強いときはちょっと困難です。もっと痛くなる可能性があります(但し痛みの日にちは短縮するでしょう)

 現在書かれているような表現の痛みの場合、神経を取る必要があるでしょう。
 ずっと我慢していると、神経がだんだん壊死していきますので、痛みが見かけ上引いてくることはあります。しかし、何日かのたうち回ることになりかねません。
 
 東京でしたら大きな病院、大学病院はたくさんありますから、早く受診された方がよいかと思います。使える麻酔薬で麻酔して通常の神経治療をすればよいと思います。


 

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.