トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: ブラキシズム

投稿者 長谷川千尋 日時 2009 年 6 月 08 日 23:08:11

回答先: ブラキシズム 投稿者 きらきら 日時 2009 年 6 月 04 日 23:24:05

マウスピースを入れて寝たら、入れていない場合よりも楽にならなければいけません。
 はめた寝たら余計に調子が悪いとしたら、そのままのマウスピースでは良くないので、調整してもらうか、別のものに再製作してもらう必要があると思います。

 予約が先であれば取りあえず填めるのを止めましょう。

  私ならそのように指示します。

  ブラキシズムそのものを止めることは出来ないので、それによる歯や顎への過大な力を減らし、引いては筋肉の凝りも減らすために、マウスピースを作ります。
 硬い材質の場合、相対する歯にバランス良く当たって、且つ、食い込まないように(良く滑るように)調整が必要です。
 軟らかい材質の場合は、最初は余り調整は要りません。
 その方その方の力の強さにも因りますが、数ヶ月〜2、3年経ってすり減って食い込むようになった場合は調整でなくて作り直しが必要です。

   マウスピースの厚みや面積、形態もその人によって変える必要があります。

  過大な力で歯の神経が敏感になることはありますが、よほど歯のすり減りがひどくない限り、回復する可能性もあります。
 現時点では抜髄することはないのではないか?と考えます。


歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.