トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 根の治療へのご回答お礼とお詫び

投稿者 長谷川千尋 日時 2009 年 5 月 06 日 23:50:42

回答先: 根の治療へのご回答お礼とお詫び 投稿者 リリオペ 日時 2009 年 5 月 03 日 22:55:56

>>「今回の治療はこれで一応終了です、いつもと違う材料を詰めました。しかし、又膿の道が出来てくる可能性はあります・・」

  この言い方ですと、根管治療の限界…というか、どこかに僅かに菌が居て再発することもある…ということかもしれません。

>>と言ったので、「ポケットが深い歯、と言うことは、根の方からポケットに菌が入ってきてしまう、と言うことですよね。
根をいくら綺麗にしても、又そうなるんじゃ、上でいくらブラッシングしても無駄じゃありませんか」と、うがいを中断して立ち去ろうとする先生に懸命で聞きました。

すると、「体調が悪い時や掃除が悪いと又膿んで痛くなる可能性が大きい、ということです。しかし、上のお掃除がきちんとしておけば、下へ菌が行くことは少ないですよ」と言いました??

 再発するのは、自分の免疫力と菌の多さのバランスが崩れたときですから、疲れれば免疫力が落ちて腫れてくるかも知れないし、菌が多ければ同じようになるかも知れません。
 一応、ポケットに毛先を入れてしっかり歯磨きすることは予防にはなるでしょう。


>>だから、銀のジャケットでなく、そのレジンだったのですね。
すぐ悪くなりそうな歯だから・・・?

  再発しそうでも銀にするときはします。レジンにした理由は見ないとはっきりしません。

>>、抜歯してブリッジをするにしても、みんな銀が被せてあるので、治療はどうなるのだろう?と先が思いやられます。肝臓が悪いのでインプラントも無理だろう、とも言われています。

 抜歯しても良いわけではありませんが、隣の歯が銀であるのなら、ブリッジにしたとしても新たに余分に歯を削ることにはなりませんので、万が一の場合はブリッジを考えても良いと思います。

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.