トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

差し歯の付け方について

投稿者 マム  地域 神奈川県  日時 2009 年 4 月 20 日 10:28:20
先日、矯正専門歯科での動的治療が終わり、
リテーナーに移行したのですが、
一般歯科にて上前歯(3番)の差し歯(保険適用)を交換した際、
少し、斜め前方に傾いて付いてしまったようで、
せっかく、綺麗な歯並びにしたのに、
そこだけ出っ張ったように見えるようなってしまいました。

型取りまでして、たった1本交換するのに
合計1万円近くかけて付けたのに納得がいきません。

一体全体、何故このようなことになってしまうのでしょうか?

私の推測なのですが、接着したあと固定するために、
綿のようなものを介在させて噛んでおいたことによって
圧力によって、前方に傾いてしまったのではないかと…。

差し歯というのは土台の凸部と、被せ物の凹みに、
誤差があるものなのでしょうか?
だとすると隙間があるわけですから、接着剤が柔らかいうちに
噛ませることによって、変に傾いてしまうことも予想されます。

このように付けてしまった差し歯を、また外して角度を調節して
付け直すことは可能なのでしょうか?
そりゃやろうと思えば、できないことはないと思うのですが、
また、新しい差し歯を壊して、型とって、
またまた新たな差し歯を付けるときに、
またまた同じような固定の仕方をしては
堂堂巡りのような気もします。

保険適用の差し歯だから、そこまで精密なレベルを求めてはいけないのでしょうか?

このような場合、無料でやり直しを希望することはできるのでしょうか?
もしくは料金を支払って、やり直しをさせるしかないのでしょうか?

よろしくお願いします。

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.