トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 神経を抜いたのにしみる

投稿者 長谷川千尋 日時 2009 年 3 月 21 日 23:41:03

回答先: 神経を抜いたのにしみる 投稿者 マコト 日時 2009 年 3 月 16 日 00:14:51

>>先生からは、枝の細かい神経がまだ死んでいないのだと説明がありました。

 妥当な説明です。 
 根気よく治療を続けるしかありません。

 が、まだ回数が少ないうちはともかく、週一で4ヶ月ということは16回ですから、そのまま同じことをしていても治りにくいと思います。
 何か別の方法を採る必要があると思います。
 軽微な痛みの場合は、仮根充をして触らずに待つと良いこともあります。

 50代で下の前歯の場合、フェネストレーションと言って、歯根の一部が歯槽骨に覆われていなくて露出していることがあります。歯周病で歯茎が下がっての露出のことではなくて、見かけ上歯茎で覆われている部分のその下に骨がないことです。
 根尖あたりが露出していると、軽い痛みが消えないことがあります。
 この場合は、歯根端を少し切除する手術をすると治ることもあります。
 フェネストレーションに限らず、前歯で難治性の場合は歯根端掻爬か切除をするとよいこともあります。
 
 どうしても駄目なら抜歯ということも有り得ます。


歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.