トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 親知らずの抜歯判断

投稿者 長谷川千尋 日時 2009 年 3 月 11 日 00:26:08

回答先: 親知らずの抜歯判断 投稿者 とし 日時 2009 年 3 月 07 日 10:21:18

埋まっていて現時点で何も不自由がない場合は、そのままでも当分はよいでしょう…と答えます。
 食べかすが入る…と書かれています。
 この場合、清掃に心がけていて腫れたことがないとしても、いつ腫れるか分かりませんし、接している手前の歯が虫歯になることも良くあります。
 よって、抜歯しておいた方が無難と思います。
 ただ、抜くとなると、ご本人の決心が必要です。
  抜歯した後はその傷の痛みもありますし、しばらくは腫れます。

 ご本人の気持ちを重視すると、歯科医A,Bのような回答になると思います。
 私も、患者さんが抜きたくないという気持ちを前面に出されたら、では、置いておいたら?と言います。
  親知らずをそのままにしておいてそれによってひどい目にあった患者さんも、私たちは少なからず見ています。
 そういう観点から考えると、抜歯しておくべきだ、という判断になります。
 それを率直に言われたのが歯科医Cでしょう。

 親知らず1本くらいですと、外来で抜歯が多いのではないかと思います。
 よほど抜きづらい状態か、或いは他にも親知らずがあればついでに全部抜歯して貰えば、入院下で抜歯と言うこともあると思います。

 親知らずについては
http://hasegawashikaiin.jp/qanda_oyashirazu.htm
 をお読みください。
 

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.