トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 歯の手入れ法

投稿者 長谷川千尋 日時 2009 年 3 月 06 日 14:20:47

回答先: Re: 歯の手入れ法 投稿者 優柔不断 日時 2009 年 3 月 05 日 22:24:18

食前には、その前の歯磨き終了時からだんだん歯垢が増えてきているはずです。
 食事をすると糖分や炭水化物などは分解されて、歯垢内で酸が出来ます。
 しばらくすると唾液で中和されて、歯垢のpHは中性に戻ります。
 酸性の時間が多いと虫歯が出来て来ます。

 食前に歯磨きしておけば、少し増えた歯垢を除去するのですから、食事中に酸性になる時間や程度は少なく済むと思います。
 ですから、食前に歯磨きをすることは効果はあるでしょう。

 しかし、食後には歯の表面に食べかすが多く付着しています。そのままでは結局歯垢は早く増えてしまうので、食後もやはり歯磨きは必要でしょう。
 とすると、食前も食後も磨かないといけないことになります。

 実際問題として、そんなに繰り返し歯磨きをするのは困難ではないでしょうか?

 ということは食後に食べかすと歯垢と両方除去した方が現実的と思います。

 昔は、起床時すぐに歯磨きをしました。
 私もそうでした。
 釈迦の教えの中にもあるそうですし、道元の正法眼蔵にも書かれているそうです。
 実際起床直後の唾液は緩衝能が弱く朝食後の唾液よりも虫歯になりやすい性質だそうです。
 日中よりも食事の間隔も長くかつ、前述の通り睡眠時は歯垢が増えやすいです。
 よって、朝食前は食前にも少し磨くと良いかもしれません。

 その昔は今のような糖分が多く柔らかい食事ではなかったため、食前の歯磨きだけでも十分だったのかもしれません。

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.