トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: インレー

投稿者 長谷川千尋 日時 2009 年 3 月 05 日 23:19:12

回答先: インレー 投稿者 マモリン 日時 2009 年 2 月 28 日 15:10:46

どの質問でも同じなのですが、実際診ていないので、書かれている表現通りなのかどうか…と言う部分があるのですが、「穴が開いている」のであれば、当然インレーは作り直すべきでしょう。
 
 <わざと>むし歯にするためにそのままにする…そんなことはしないと思います。

 ちょっと気になるのは、

>>‘なるべく削らないようにお願いします’とは
問診票に書いたのですが

 これは書かない方が良いと思います。
 というのは、
 なるだけ削らないようにする…のは基本中の基本なのです。患者さんは「たくさん削られた」と思うことはあると思いますが、それは詰め物や差し歯を歯に維持させるのに必要なのであって、常に、切削量は最小限に…と言うことを念頭に治療していることなのです。
 喩えてみれば、
 「まずい料理を出さないでください」
 と、調理師に言うようなものなのです。
 
 患者さんに他意はないことは分かってはいますが、経験が浅い若いときに言われるとかちんと来るかも知れません。

 地域性もあるかも知れませんが、
 患者さんもいろいろで、
 本当は必要なのにしっかりとした治療を望まない
 …ことも少なくありません。

 恐いから、面倒だから、時間がないから、何となく、経済的理由(保険の場合でも)、考えたくない、理解できない…などで。

 詰め物が取れて、合わないから作り直した方が良いですよ、とこちらが言っても
「もう一回だけはそのまま付けといて。」と言われることはちょくちょくあります。

 一度外れた…場合、少し合っていないしそのままの形だとまた外れるかもしれない→少し削り広げて維持を広くした方が良い→でも削らないでと書いてある→隙間はセメントで埋まるので今回はそのまま付けることにしよう…

 と、勝手な想像をしたかも知れません。
 目の前の患者さんがどこまで望んでいるか、推し量りにくいことはあります。
 
 でもやはり、ちょっと削って作り直した方が良いと思いますが…と担当歯科医師は一応聞いてみるくらいはすべきだったとは思います。

 


歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.