トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 根の治療で

投稿者 長谷川千尋 日時 2009 年 2 月 05 日 13:00:43

回答先: 根の治療で 投稿者 mayu 日時 2009 年 2 月 03 日 23:34:32

「根の治療」というのは、「根管治療」と言います。
 初めて神経を取る治療も「根管治療」ですし、以前神経を取った歯の根の再治療も「根管治療です。
 
 根管治療とは、歯の根の中にある管を清掃消毒する治療です。ここに菌が居て根の先から出ると、噛んで痛いとか、その場所の歯茎が腫れるなどの症状が出ます。
 自覚症状がない場合もあります。

 専用器具で引っ掻いたり薬剤で洗浄をします。繰り返し何回か治療がいることも良くあります。
 きれいになったと思われたら、新たに菌が入らないように密封する薬を入れます。
 それが「詰める」と言われたものだと思います。

 詰めるときにレントゲンが無くても、事前にレントゲンがあれば大丈夫ですし、電気抵抗を計る機械で根の長さも計測できますから、それらを参考に「詰める」わけです。
 詰めた後に確認でレントゲンは必要です。
 まだもう一本の根が残っているので、そこが終わったらレントゲンを撮ると思います。

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.