トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: レーザー治療後の皮下気腫

投稿者 長谷川千尋 日時 2008 年 8 月 28 日 10:03:18

回答先: レーザー治療後の皮下気腫 投稿者 ゆうき 日時 2008 年 8 月 26 日 11:25:07

皮下気腫は圧搾された空気が皮膚の下に入り、腫れてくるものです。入るのは一瞬ですが、圧搾されていて量が多いので広範囲に腫れてきます。
 同時に雑菌も入っていると考えられるので、抗生剤を飲みます。
 皮下気腫自体は自然に引いてくるのを待つだけです。

 レーザーそのものでは皮下気腫は起きません。
 レーザーを当てるときに当てる部分の発熱を抑えるために同時に圧搾空気が出ていて皮下気腫が起きたようです。

 見る見る顔が腫れるので、患者さんによっては精神的にショックを受けてしまうこともあります。上の歯から入ると目が開けにくくなる場合もあるくらいです。
 ただ、上顎の方が比較的安心です。
 首まで入ったと書かれています。首から胸の辺りまで腫れてくると、縦隔まで広がり、危険なことも有り得ます。
 書かれてから2日経っていますが、引いてきていれば良いですが、鎖骨より下に来ている場合は念のために病院の口腔外科を受診して下さい。

 良くあることではもちろんありません。
 体験したことがない歯科医師の方が多数派です。
 わたしが体験した患者さんの例では、1人は翌日にすぐ引きました。
 が、もう1人は1週間近くかかってしまいました。

 教科書的には自然に引くので大丈夫…と書かれていますので、そのような説明をされると思います。しかし、胸の辺りまで来たときは注意が必要です。まれな例ですが口腔外科の先生が学会報告されていましたので。

過去にも皮下気腫の質問があります。
http://www.kenko119.com/bbs/dental/messages/467.html
http://www.kenko119.com/bbs/dental/messages/935.html
http://www.kenko119.com/bbs/dental/messages/13117.html



歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.