トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 仮歯には保険が使えないのですか?

投稿者 長谷川千尋 日時 2001 年 1 月 11 日 12:48:07

回答先: 仮歯には保険が使えないのですか? 投稿者 林 公子 日時 2001 年 1 月 06 日 16:48:13

 まず、自費か保険かについてですが、今回は入れ歯についてのことかと思います
が、自費の場合はどんなものがあるかといいますと、

・床(粘膜に接する部分)を薄い金属で作る場合
・残った歯への維持を冠で作る場合
・残った歯への維持を磁石で作る場合
・残った歯への維持をアタッチメント(かちっとロックする留め具)で作る場合
・その他
・上記の組み合わせ

といろいろあります。どれにするかは歯科医のほうから口の状況を考えて提案が
あると思いますからそれによって考えていただければ良いでしょう。
 費用は、どういうものを選択するか、何本分かにより違いますから、いくら…
とここでは言えません。数万から20数万くらいの開きはあるでしょう。

 もし、最終的には自費の義歯を選択すれば、最初の義歯は保険で出来ると言う
ことになります。

 保険の義歯の希望の場合に、短期間で2つは製作できないので、最初の暫間的
義歯は自費というのは確かにその通りです。

 しかし、状況によっては保険でも出来るのですが、口腔内を診察した歯科医が
いうのですから言われたとおりではないか?と思いますが、一応、一般論として
保険が使える場合を書きます。

 抜歯して直ぐは歯茎・骨が急激に痩せますから、入れ歯を直ぐ製作しても3ヶ
月くらいで隙間が出来て合わなくなります。よってまた作る…となると説明のよ
うにどちらか自費なのですが、合わなくなっても新しく作らずに、最初の義歯を
修理して使用できるのであれば、修理は保険で出来ますから自費の義歯を作らず
に済みます。
 ただし、修理では無理の場合は当然新製となります。

 歯槽膿漏で抜歯とのことですが、残す歯について、清掃なり歯石除去なりする
筈ですが、歯周外科手術(と言っても大げさに考えないでください。少し、切っ
たり貼ったりするだけ)を行う場合は、仮歯(暫間的義歯)の保険点数がありま
す。すなわち、2回製作出来ます。

 或いは、噛み合わせの治療するときもそのためのマウスピースを製作しますが、
義歯型もあるので、それで代用にすることもあります。

 今書いた下の2件についてはそういう予定がないと利用できません。

 また、新製する場合でも、制度上、半年経てば新製出来ることになっています。
よって、最初の義歯を修理してもたせつつ半年が経過するのを待てば、改めて新
しい義歯が出来ることになります。

 くり返しますが、口の状況により違いますので、林さんの場合に出来るかどう
か分かりませんが、どうしても保険でという場合は、友達が半年経ったら新しい
入れ歯作ってもらえたと言っていたのですが…とでも言って、担当医に尋ねてみ
られてはいかがでしょうか?
 ちなみに仮歯(暫間的義歯)1.8万円は、多分保険の入れ歯の金額をそのま
ま自費にしたくらいで、安く設定してくれているのではないか?という感じはし
ます。

   長谷川千尋♂♂
 愛知県海部郡甚目寺町森下田室58-1
   健康な歯で幸せも噛みしめて
     はせがわ歯科医院
http://www2.ecall.co.jp/dental.html
e-mail ec2530@ecall.co.jp
http://www.hasegawa.dental-town.com
TEL 052-441-1423 FAX 052-443-6082

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.