トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: すこし治療不信

投稿者 長谷川千尋 日時 2000 年 11 月 28 日 09:34:34

回答先: すこし治療不信 投稿者 やす 日時 2000 年 11 月 25 日 00:53:09


>>ちょっと心配なのでここに書かせていただきました。神経が大丈夫な
>>のに取ってしまうなんて歯科医はいませんよね?

 いない、と信じたいと思います。
 
 ただ、必要があって健全な歯でも神経を取って被せる場合というもの自体は
あります。やや斜めに生えてしまっている歯を被せて見た目を治すように場合、
虫歯で抜歯して欠損した部位をブリッジにして補う場合で、被せるためにやむ
なく神経を取る必要がある場合…などです。

 虫歯でなくて神経を取る場合は、極度の知覚過敏の場合、打撲で神経が壊死
した場合、同破折した場合、歯周病から菌が侵入した場合等ですが、これらは
神経が「大丈夫」と言うわけではありません。

 少し前に、神経を取ることについての質問がありました。
 深い虫歯で神経を取らざるを得ない歯でも痛みのない時期というものもあり
ます。レントゲンでだいたい分かりますので、痛みのない歯でも必要あれば、
それこそ淡々と進めることもありうるでしょう。

 しかし、毎回ではないにしても、一応取る必要のある場合は本当は然るべき
理由をいって欲しいものです。
 現在はインフォームドコンセント(説明と同意)が大切と言われています。
 
 「あと何本治療するのですか」とか、聞いてみてはどうでしょうか?
 直接聞きにくければ、アシスタントの方に聞いても良いのではないでしょう
か?


                ∞健康な歯で幸せも噛みしめて∞
                   はせがわ歯科医院
                    長谷川 千尋♂
                愛知県海部郡甚目寺町森下田室58-1
               tel052-441-1423 fax052-443-6082
             http://www2.ecall.co.jp/dental.html
                e-mail ec2530@ecall.co.jp


歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.