トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 治療しても痛みが治りません。

投稿者 長谷川千尋 日時 2008 年 2 月 11 日 19:00:09

回答先: 治療しても痛みが治りません。 投稿者 みねこ 日時 2008 年 2 月 09 日 13:36:01


http://hasegawashikaiin.jp/setumeigazou.htm

に説明図があります。上段以外に下の方にも図があります。根管は器具で清掃できる部分と出来ない部分(側枝など)があります。
 最初に神経を取る時は、歯の中の神経の部分の炎症ですが、治療後何年か経って痛くなる場合は、根の先や歯の周囲の炎症です。
 噛んだときに痛いのは歯の周囲の感覚です。
 10年もすると、毎日噛んでいるうちに冠と歯質との間に隙間が出来てきて、それがもと神経のあった根管から侵入して根の先に到達して増えると炎症が起きます。

 治療としてやることは同じなのですが、根管の部分が虫歯になったと思えばよいです。そこから菌が歯の周囲に広がるので、根管の中から菌を除去すれば、歯の周囲には血行がありますから治癒力が働きます。

 しかし、どうしても菌が無くならない場合があります。
 側枝などに菌叢があると、そしてそこに消毒薬が届かないと、菌がなくならないので、周囲の炎症も完全には引きません。

 根気よく繰り返し消毒して回数・期間が長くなっても引いてくれば良いですが、どうしても引かなければ抜歯となります。

 私の経験上は2ヶ月(10回)ほど治療しても駄目な場合は、抜歯でよいのでは無いかと思います。

 一旦引いたように思えても後で痛くなることもあります。
 今回は再度根管治療を続ける必要があると思います。
 それで引かねば抜歯もありますが、現時点ではまだ、再治療で治る可能性もあると思います。



歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.