トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 歯茎の中に隠れている余分な歯

投稿者 長谷川千尋 日時 2008 年 2 月 07 日 20:54:35

回答先: 歯茎の中に隠れている余分な歯 投稿者 みふゆ 日時 2008 年 2 月 04 日 17:43:16

上の前歯あたりは「過剰歯」が出来やすい場所です。
  成長期に正常な歯の萌出を邪魔することもよくあります。この場合は必ず抜歯をします。
 今回みふゆさんのように、埋まったまま気付かずにいて偶然発見されることもあります(埋伏過剰歯)。
  
 何か起きるとすれば、「嚢胞化(含歯性嚢胞)」が挙げられます。
 歯は顎の骨の中で形成されるときに袋状の組織に囲まれています。生えるとそれはなくなります。
 埋まっているとその袋は歯の回りに残っています。
 これに液体がたまって大きくなることがあります。
 成長期に見つかることの方が多いのですが、年齢が進んでから出来て来ることもあります。
 私は、埋伏している親知らずで、たまたま年を経てレントゲンを撮影したら、何年か前には何もなかったのに、嚢胞になってきていた例を見ました。その親知らずは抜歯し嚢胞も除去しました。
 また、たまたま50代の方で、上の前歯あたりの埋伏過剰歯から大きな嚢胞になっている患者さんを見つけたことがあります。
 もっと前に見つけられたら良かったかも知れませんが(うちにずっとかかっていたわけではない)、あまり受診していなかったり、口蓋(口の中の天井の部分)の骨に重なって見えにくかったことなどが発見を遅らせたと思われました。その方は歯科口腔外科で入院下で手術となりました。
 
 このように完全に埋まっている歯でも、その後病的な状態になることがあります。
 
 今なら埋伏過剰歯を取り除くだけですむでしょうから、今のうちに手術で取っておく…のも良いかと思います。
 ただ…どのあたりに埋まっているのか、大きさはどうか…などを考慮する必要がありますので、はっきりとは言えませんが、すぐに手術…でなくても良いかもしれません。
 年齢が書いてありませんが、今まで何事もなく過ぎてきて今後もそのまま埋まっているだけ…ということもあると思います。
 診ずに言うのは危険もありますが、時々レントゲン撮影をする、ということで様子を見る…という選択肢もあると思います。
 もし、様子を見る場合は、かかりつけの先生や口腔外科の先生と相談の上了解を得られたら、にされた方がよいと思います。

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.