トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: エナメル質が・・・

投稿者 長谷川千尋 日時 2000 年 11 月 27 日 13:31:12

回答先: エナメル質が・・・ 投稿者 石川みゆき 日時 2000 年 11 月 23 日 07:19:20

 くさび状欠損ないし、摩耗症の状態になっているものと考えます。
元に戻りますか?という問いが、歯茎がなのか歯の段差なのか迷います
ので、両方書きます。

 まず段差に削れてしまった歯そのものは戻りませんので、そこに歯と
同色の樹脂を詰めれば段差はなくなります。
 しかし、自分の歯でさえ削れてしまうように磨いていたと言うことは、
詰めてもまた取れる可能性はあります。しかも比較的早く。
 そうならないように磨き方を変える必要があります。歯磨き粉は少な
目(あるいは付けない)か、研磨剤無しのものに、歯ブラシもあまり硬
めでないものにする方が良いでしょう。詳細は歯科医院でお聞きくださ
い。
 取れてもまた再び詰めることは出来ます。

 現在では、歯ブラシによるだけでなく、歯軋りや噛みしめで歯が横揺
れするために丁度歯茎の際の部分に応力が集中して、結晶構造にひび割
れが進み、そこに歯ブラシの刺激が加わるとよけいにえぐれていく…と
言われています。歯軋りや食いしばりのないようにも努める必要があり
ます。

 下がった歯茎を戻すのは困難な場合が多いです。しかし、
 1本だけとか、局所的に下がっている場合に、側の歯茎を切って引っ
張ってくる(歯肉弁移動術)とか、歯肉移植術で歯の根の表面を覆うこ
とが出来る場合もあります。

 歯茎を戻す場合も歯磨き方法は治す必要があります。

                ∞健康な歯で幸せも噛みしめて∞
                   はせがわ歯科医院
                    長谷川 千尋♂
                愛知県海部郡甚目寺町森下田室58-1
               tel052-441-1423 fax052-443-6082
             http://www2.ecall.co.jp/dental.html
                e-mail ec2530@ecall.co.jp



歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.