トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 親知らずの麻酔−2

投稿者 長谷川千尋 日時 2000 年 11 月 24 日 09:43:45

回答先: 親知らずの麻酔−2 投稿者 くろひろ 日時 2000 年 11 月 21 日 11:43:06

 私だったら、直ぐ薬を出すのですが、医師により多少方針は違うよう
です。
 知覚鈍麻の時の薬は、効果のほどははっきりとはしていません。説明
書を見ても50%を少し越えるくらいの効果です。よって、出しても出
さなくても治るときは治る…と言う意識があるのではないか?とも感じ
ます。 
 私のことですが、秋口に朝突然右手が痺れていることに気付きました。
寝違えか何かでの圧迫で直ぐ治るかな?と思ったのですが、治らず、箸
もきちんと持てないので整形外科へ行きました。
 行く前に、自分のところにある神経治療薬を飲んでいましたが、整形
でくれた薬も同じでした。
 程なく快復の兆しがあった時点で、「あっ、もう大丈夫でしょう」と
言って来なくて言い…と言われたのですが、やはり感覚が無いというの
はひどく心配です。医師の方は幾人も経験しているのでそう言う感覚な
のかな?と思いますが、絶対治るとも言えないし、早く治りたいわけで
すし、もう少しくれ、と要求して薬をもらいました。伯父が鍼灸師なの
で鍼治療にも行きました。

 何かしたからなのか、ほっといても同じだったか分かりませんが、1
ヶ月半程で正常に戻りました。

 口腔外科や麻酔学の本で調べてみると、ビタミンB12の他に、ATP
製剤、ワゴスチグミン、イノシン酸、アセチルコリンなどの投与により
快復を短縮できると書かれています。

 私としては、「何か薬をのみたい」と言ってのんだ方がいいと思いま
す。こう言うときに出す薬は、効果が今ひとつだとしても、薬漬け医療
などと言われるものと違うのではないか?と自身の麻痺の体験からする
とこう思います。

                ∞健康な歯で幸せも噛みしめて∞
                   はせがわ歯科医院
                    長谷川 千尋♂
                愛知県海部郡甚目寺町森下田室58-1
               tel052-441-1423 fax052-443-6082
             http://www2.ecall.co.jp/dental.html
                e-mail ec2530@ecall.co.jp


歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.