トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 治療した歯の手入れについて教えてください。

投稿者 長谷川千尋 日時 2000 年 11 月 21 日 09:49:16

回答先: 治療した歯の手入れについて教えてください。 投稿者 ペンギン 日時 2000 年 11 月 17 日 14:30:32


>>歯の手入れをよくやるようになって、歯医者では”歯茎がきれいですね〜”
>>と、ビックリされるようにまでなりました。

 このままこの状態を続けるようにしましょう。

>>でも、今から手入れをしても遅いのでしょうか?

 遅くはありません。

>>歯の根の病気で、詰めたところを掘り返されそのたびに銀歯が大きくなるし、
>>さしばはいつか根が腐ってくると言うし・・・。

 その歯だけを長年見ているとそのようなイメージになるのは事実です。

でも、最近もどこかで書きましたが、ある時点で、神経を取らないとい
けない歯と、ほんの少し詰めて済む歯があったとします。神経を取った
歯は差し歯になりましたが、ほんの少しの虫歯は放置したとします。

 2〜3年後どうなっているかというと、差し歯の歯はしっかり機能し
ていて、以前ほんの少しの虫歯だった歯が、もう抜歯しか選択肢がない
状態になっている…ということが、不真面目な患者さんではたまに遭遇
します。

 治療した歯をまたやり直して削る量が増えていく…ということは珍し
くありませんが、それでも全く放置することから比べれば進行をかなり
遅らしているのです。
 上記の、虫歯を放置してしまうような方は、当然ブラッシングも不十
分ですが、そのような口の中の状態でも、差し歯にした歯が持っていて、
未治療の歯がなくなってしまうのです。

 ブラッシングが行き届けば、さらにやり直しの可能性は低くなると思
います。直接的にはとにかくブラッシングですが、他には、栄養では、
カルシウム、マグネシウム他ミネラル、ビタミンA、B群、C、Dを良
く摂ること、両側で良く噛むこと、良く睡眠を摂ること、仰向けで寝る
こと、歯軋りしないこと、口呼吸しないこと、禁煙すること等でしょう
か? 
 
 他ではあまり聞かれない部分の説明を簡単にします。
 両側で噛まず、片側ばかりで噛んでいると、長い間にバランスがくず
れ顔が歪み、身体も歪みます。歯だけのことでも、例えば右上と左下と
いうように対角線状に歯が無くなっていったりします。

 睡眠は脳味噌だけのものではありません。「骨休め」が免疫力を高め
ます。

 うつ伏せや横向きでは、歯に強い力がかかります。うつ伏せや硬い枕
で横向きで寝ていたりすると、一晩に1ミクロン歯が動きます。1年で
0.3ミリ、3年で1ミリ、30年で1センチです。1センチも歯が動
くということは脱落することを意味します。

 歯軋りや起きているとの妙な食い縛りは、持続的な力であって、良く
噛むという間歇的な力のかかり方と違い、歯を痛めます。

 口呼吸は全身的免疫力を低下させます。直接的にも口の中を乾燥気味
にし細菌の発育を良くしてしまいます。

 喫煙は、歯茎・歯槽骨の血行を悪くします。白血球の能力も低下させ
ます。

 こんなところです。
 あ、肝腎なことを忘れていました。甘いものはなるだけ摂らないこと
です。

 定期検診も勿論受けて下さい。   

                ∞健康な歯で幸せも噛みしめて∞
                   はせがわ歯科医院
                    長谷川 千尋♂
                愛知県海部郡甚目寺町森下田室58-1
               tel052-441-1423 fax052-443-6082
             http://www2.ecall.co.jp/dental.html
                e-mail ec2530@ecall.co.jp

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.