トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 治療ミスについて

投稿者 長谷川千尋 日時 2000 年 11 月 20 日 13:32:30

回答先: 治療ミスについて 投稿者 くしゅ 日時 2000 年 11 月 16 日 21:35:48

 くしゅさんに逆らうわけではありませんが、書かれていることからだ
けでは、治療ミスとは言えません。

 首をかしげているB歯科の先生であれば、A先生の治療を診たわけで
すから確認することが出来るかも知れません。でも、B歯科の先生が首
をかしげていたのは、治療がおかしいと思ったからでしょうか?予想よ
り治りにくいからかしげていたかもしれません。

 くしゅさんがしっかりとA先生の説明も聞き逃していないとすると、
A先生の説明不足が問題ではないか?と思う部分があります。

 本当に治療が良くなかったと言う可能性も否定は出来ませんが、痛み
が出て神経が腐ったからイコール治療ミスとは言えません。

 ここではあくまで想像になりますが、症状の経過を見ると、深い虫歯
を削って詰めた場合に、その後痛みが来たように思えます。。
 虫歯が浅ければ、当然詰めるだけで大丈夫です。深くて明らかに神経
まで達している虫歯なら、すぐ神経を取る処置をするでしょう。
 では、深い虫歯で神経までかなり近いが紙一重で大丈夫かもしれない
…という微妙な状態の場合はどうでしょうか?
 詰めてそのまま済む場合と、後で神経もやられてくる場合とに分かれ
ます。

 今回は、予後が悪い方にたまたま出てしまった…とも考えられます。
暫く我慢すれば神経はだんだん壊死して行きます。そのあたりでB歯科
を受診したのです。しかし、すぐ受診したら神経は大丈夫だったかとい
うとやはり痛みが出て数日引かなかった時点で、腐っていなくても除去
することになっていたと思われます。

 私なら、その状態を患者さんに説明し、詰めるだけで済ませたが、後
で痛みが出て1〜2日で引かなければ神経を取ることもありますから、
その場合は直ぐ来てください…と言って終わります。
 神経を残して済めばその方が良いため一応そちらの処置にしたが、神経の反応いかんによっては変更もありうるということをしっかり言って
おきます。

 身体の反応は、治療する側の思い通りに行かない場合もあります。ど
ちらにも転ぶ場合もあるのです。

 よって、A歯科の先生の治療は、きちんとすべて虫歯を除去してしっ
かり詰めにもかかわらず、痛みが出てしまったということも考えられま
す。
 ミスした云々については、慎重に書かせて貰いますので、納得できる
回答でないかも知れませんが、私が今書いたような説明が無かったなら
不親切であったと言えますし、あるいはA先生は説明したが、聞き逃さ
れていた…ということも第三者的には考えざるを得ません。

 もう一つ、詰めた後、強い痛みが出る場合としては、中等度以上、歯
周病が進行している場合に、虫歯は浅くて直ぐ詰めて終了しても、麻酔
したり削ったりする刺激で歯茎の細菌が根の先の方から歯の神経に入っ
てしまう場合があります。虫歯が無くても虫歯のように神経が痛んでや
むなく除去する場合もあるほどです。

 詰めて終わったのに痛んで神経を取るとしたら、以上2つの場合が浮
かびます。
 
 しかし、本当にきちんと治療していなかったとしたら、A歯科の責任
はあるでしょう。ではどういうミスの可能性があるかと言っても、説明
の問題しか思い浮かびません。

 ここでは、あくまで書かれた内容から可能性を想像しただけです。
 A先生をかばう気持ちも糾弾する気持ちもどちらもありませんので、
ご了解下さい。

                ∞健康な歯で幸せも噛みしめて∞
                   はせがわ歯科医院
                    長谷川 千尋♂
                愛知県海部郡甚目寺町森下田室58-1
               tel052-441-1423 fax052-443-6082
             http://www2.ecall.co.jp/dental.html
                e-mail ec2530@ecall.co.jp


歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.