トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 親不知のリスクについて。

投稿者 長谷川千尋 日時 2000 年 11 月 11 日 18:33:15

回答先: 親不知のリスクについて。 投稿者 むらた 日時 2000 年 11 月 08 日 13:31:55

 少し過ぎましたが、痛みはいかがでしょうか?
 書かれた時点では、炎症が歯の中に限局しているため、腫れや発熱は
出ていないものと思います。歯の中を通り越し、周囲に波及すると、患
部の熱感、腫脹、ひいては全身的発熱も起きます。

 親不知の抜歯は、一般的には奥に埋まっていればいるほど困難です。
虫歯になったと言うことは、生えているか、一部は露出している状態か
と思います。比較的抜歯しやすいと言えます。

 上顎と下顎では上の方が楽です。楽というのは、歯科医側もそうです
が、楽に抜ければ患者さんの負担も少なく済むと言うことです。
 しかし、やはり斜めとか横向きとか埋まっていればいるほど抜歯は困
難になります。

 20代でも40代でも、単純に年齢によるリスクはありません。もっ
と高齢になれば別ですが。むしろ、何か、全身的疾患を持っておられる
場合は、多少リスクが出てくる場合もあります。

 ここでも時々、全身麻酔での抜歯とか静脈内鎮静法の抜歯だとか質問
がありましたが、一度に4本すべて抜くような場合で入院下の場合と思
います。静脈内…云々については、私は開業医で、それを用いることは
ありませんので、口腔外科のQ&Aを探した方がよいと思います。
 が、虫歯が出来ていることから、少し埋まっているとしても、そこだ
けの抜歯でしたら、普通は局所麻酔のみで抜歯するのではないかと思い
ます。虫歯の治療の麻酔と同じです。

 薬の副作用が気になると言うことは、今何か他の薬を服用しているの
かな?とも思いますが、詳しくは、それを提示して担当医ないし薬剤師
に聞いていただくことが必要と思います。
 抜歯後は、抗菌薬(抗生物質)と鎮痛薬と、必要なら消炎剤や胃薬、
うがい薬など処方されます。
 良くあるのは、胃腸障害や薬疹などです。
 薬により多少違います。病院でしたら今は多くは、副作用も記した薬
剤情報提供書をもらえます。
 抜歯に対しての注意事項は、過去ログ2000年8月30日の「親不知を抜く
にあたって」の私のレスを参考にして下さい。

 
                    ∞健康な歯で幸せも噛みしめて∞
                       はせがわ歯科医院
                        長谷川 千尋♂
                    愛知県海部郡甚目寺町森下田室58-1
                   tel052-441-1423 fax052-443-6082
http://www2.ecall.co.jp/dental.html
e-mail ec2530@ecall.co.jp

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.