トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 割り箸療法について

投稿者 はると 日時 2007 年 3 月 29 日 16:42:44

回答先: Re: 割り箸療法について 投稿者 長谷川千尋 日時 2007 年 3 月 29 日 00:33:08

お返事、ありがとうございます。とても参考になりました。

> はるとさん…というハンドルネームですが、市波治人氏の書籍を読まれたのでしょうか?

そうですね。(もちろんご本人ではありません)
市波さんは割り箸療法の考案者だそうですね。
昔から歯と全身症状の関連を訴えている歯科技工士さんのようですが
この先生の言われていることは歯科業界ではあまり受け入れられていないのでしょうか?
あまりにも歯と全身症状の関連に頓着がない歯医者さんが多そうなので心配してしまいます。


> どんな療法でもそうなのですが、ちょっと聞き及んだだけで判断して良いとか悪いとか、単純に判断するのは良くないと思います。

はい、気をつけます。

>  前置きはこのくらいにして、割り箸もそうですが、要は噛み合わせを上げて保つことにより、姿勢や自律神経その他身体に少なからぬ影響を及ぼす、ということかと思います。

私の知っている割り箸療法はこちらです。
http://www.fineteeth.com/tmd/wari.html
噛み合わせをあげるというよりも、
口に割り箸をのせて30分寝る、ただこれだけです。
そうして、得られた顎位が本来の顎位なのだと、
こちらのホームページでは書かれているので、
はたして本当なのかなぁ?と思った次第です。

>  噛み合わせが歯の喪失などにより見るからに低くなっている場合を除き、顔つきが変になるほど上げる装具は、長期に使うものではない…と思います。

某プレートのことだと思いますが、これは費用が高いだけじゃなくて
効果も薄いという話を聞いたことがありますね。
なんでこんなものが医療として認められているのか不思議でなりません。

> 噛み合わせがおかしくなった場合に、身体の他の部分からの影響や、身体の良くない使い方から来ていることもあります。

素人はこれだと思い込んで、一つの事にこだわってしまいがちになりますから
これには本当に気をつけなければなりませんね。

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.