トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 妊娠中の治療って。。。

投稿者 長谷川千尋 日時 2000 年 11 月 10 日 10:49:01

回答先: 妊娠中の治療って。。。 投稿者 べあ 日時 2000 年 11 月 07 日 01:34:26

 
 たまにこのようなことに遭遇します。
 まず、レントゲンについては、妊娠がはっきり分かっている場合は、
特別に必要な場合以外撮影しません。エックス線は、良く細胞分裂する
ところほど影響があります。皮膚や生殖腺はそれに当たります。
 しかし、レントゲン程度のエックス線は非常に弱いもので、繰り返し
数千回とか一万数千回連続で撮影して初めてごく軽度の傷害を起こす…
(歯科用の場合)と計算上は言われています。
 よってまず問題はありません。加えて、鉛のエプロンをして撮影しま
すので、そうするとほとんど生殖腺部分は計測器で測ってもゼロとなり
ます。
 それでも、絶対何も影響はないと学問的に言い切れないので、妊娠中
は撮影は控えます。心配が先に立つから…ということもありますし。
 妊娠が分からず、撮影されてしまったようですが、基本的には上記の
ようにまず心配はないと思います。

 麻酔も、血液中や肝臓ですぐ分解されていきますのでまず心配はあり
ません。麻酔については、妊娠がはっきりしていても必要な場合はしま
す。神経を取る場合、そのまま削ったのでは激痛で体中の筋肉が緊張し
てしまいます。その方が胎児に良くないと考えられるからです。

 ただ、麻酔は、薬自体より、反射的に脳貧血や神経性ショックを起こ
すこともないとは言えませんので、どうしても痛い歯などの治療が済め
ば、麻酔がいる治療はやはり出産後に回すこともあります。

 歯の中に詰める薬は全く心配いりません。

 妊娠中はなるだけストレスを控えた方がいいので、また、つわり等で
体力も疲弊することもあり、切りがついたら、あとは、安定期(5ヶ月
以降)にするとか、あるいは出産後にするとか、延期された方がよいで
しょう。

                ∞健康な歯で幸せも噛みしめて∞
                   はせがわ歯科医院
                    長谷川 千尋♂
                愛知県海部郡甚目寺町森下田室58-1
               tel052-441-1423 fax052-443-6082
             http://www2.ecall.co.jp/dental.html
                e-mail ec2530@ecall.co.jp



歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.