トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 旦那の歯周病について

投稿者 長谷川千尋 日時 2000 年 11 月 08 日 09:30:10

回答先: 旦那の歯周病について 投稿者 あき 日時 2000 年 11 月 05 日 20:13:32

 ご主人が本気にならないと治療は難しいです。
 歯周病を治さないと、もう、キスもしないし夫婦生活もお断りよ…匂
うから…くらい言って脅すと良いかも知れません。ただし、そういう脅
しがまだ通用する間柄でないといけません…。

 冗談はさておき、とにかく歯周病の治療の流れを言います。

 まず、レントゲンや歯周ポケットの深さなどの検査をし、ブラッシン
グの指導や食事指導をしながら、少しずつ歯石も取っていきます。
 歯科医院によっては、最初は徹底的にブラッシングだけ…とか、多少
違いはあります。
 ある程度歯石をとって綺麗にしたら、また検査をし、良好なら、メン
テナンスに入ります。
 良好でない場合、深い部分の歯周ポケット掻爬とか歯周外科治療をす
る場合もあります。歯の動揺がある場合は、固定を行ったりもします。
これは初期に行うこともあります。歯周病の進行が激しい場合、抜歯も
あり得ます。

 糖尿病などあると進行しやすく治りにくい傾向があります。

 喫煙も悪化因子の1つです。
 口呼吸も以外と悪化因子として大きいと考えています。

 歯周病治療の一環で、被せた物を治す必要が出てくることもあります。
 噛み合わせが悪い場合、歯や骨への負担を無くすためにすこし削ると
いうこともします。

 歯石除去と同時に多くは着色なども取ります。
 よって最初がかなり汚い方は(失礼ながら)、いわゆるホワイトニン
グをしなくてもかなり綺麗になることもあります。

 ある程度安定したら、メンテナンスに入る…と言いましたが、歯周病
の程度が軽度だった場合は、次は、3ヶ月後とか半年後、1年後…に検
診というかたちにしますが、一通りやってもある程度進行している場合
等の方は、最初はすぐ1ヶ月後にチェック…次も1ヶ月後そのうち2ヶ
月…3ヶ月…というようにこまめに検診がいる場合もあります。

 自分だけでチェックするのは難しいので、床屋に行くがごとく、少し
経ったら受診して検査、歯石除去等をくり返していく…ということにな
ります。

 正直言って終わりはありません。
 
 ホワイトニングが歯周病に良くないと言うことはありません。
 やっていただいても結構です。ただ、ホームブリーチングと言って、
キットを買って、家で行うものもありますが、薬剤が僅かでも漏れると
少し刺激がありますので、歯周病が進行気味の場合は、歯科医院でのみ
行う方法の方が良いのではないか?と思います。

 ホワイトニングではありませんが、歯周治療の一環でPMTCという
処置をすると付随的に白くなります(保険の治療に付随して行う医院と、
保険外としている医院がある)。

 ホワイトニングないしブリーチングはまだ、どこの医院でも可能と言
うわけではありませんので受診した医院でご相談下さい。薬剤さえ購入
すれば手順はさほど難しくなく、審美を謳っていないとだめだとかそう
いうことはありません。
 ただし、保険外になります(神経のない歯は保険が利くこともある)。

                ∞健康な歯で幸せも噛みしめて∞
                   はせがわ歯科医院
                    長谷川 千尋♂
                愛知県海部郡甚目寺町森下田室58-1
               tel052-441-1423 fax052-443-6082
             http://www2.ecall.co.jp/dental.html
                e-mail ec2530@ecall.co.jp



歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.