トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 海外で痛みはじめた親知らず2

投稿者 長谷川千尋 日時 2000 年 11 月 08 日 02:14:56

回答先: 海外で痛みはじめた親知らず2 投稿者 RYOKO 日時 2000 年 11 月 07 日 23:56:31


積んでいますが、先に書きます。

 親不知はしっかり生えず、半分埋まったままとか、少ししか顔を出し
ていないとか、横向き、ななめ…いろいろ正常でない生え方になってい
ることが多く見られます。
 そのような状態が細菌の歯茎への侵入を容易にしています。また、一
番奥なので十分磨けない…ということもあります。

 実際には下の親不知の方が痛み腫れは多く発生します。

 とにかく、上でも下でも、親不知の周囲の歯茎に感染すると、さらに
その周辺に炎症が波及しやすい特徴があります。口が開けにくいのは、
口を開け閉めする筋肉のところまで炎症が波及した結果です。

 治療としては、まず抗菌薬(抗生物質)・鎮痛薬の投薬です。痛いと
きにすぐ抜歯と言うわけではありません。
 また、そのようなときは、体力すなわち免疫力も落ちていますから、
まず休養を十分に取る必要があります。熱っぽい感じがしたら、しばら
くは冷やすとよいです。ある程度、炎症の広がりを防止できます。ただ
し、ずっと冷やし続けないようにして下さい。ピークを過ぎたら、もう
冷やさない方がよいです。

 現在のような急性期は、残念ながら、暫く我慢です。日本ですぐ歯科
医院にかかっても、抗菌薬・鎮痛薬とあとはうがい薬くらいでしょう。
何日か過ぎ、膿が集まってきたときは、切開して膿を出すと、すぐすっきり引いてくる時期もあります。

 いま、抗生物質があれば(保存状態が良い場合)、のんだ方がよいと
思います。鎮痛薬もあればのんでも良いです。
 ポビドンヨード剤(日本ではイソジンなど)などのうがい薬をドラッ
グストアで買うことが出来れば(外国では日本のように簡単に薬が買え
ないこともあると聞いていますが)、よくうがいするのも良いです。

 虫歯でなくて、生え方の異常から感染した場合、暫くすれば、自然治
癒もあります。虫歯は一旦痛みが引いても、感覚のないままどんどん進
行していきますが、生え方が悪くて腫れてきた場合、それが引けば、し
ばらくは大丈夫…とも言えます。しかし、腫れやすい状態はそのままな
ので再び腫れると言うことは十分あります。
 よって、早めに抜歯しておいた方がいいことは確かです。

 でも帰国がもう少し先なら、帰国するまで待つのもよいかも知れませ
ん。
 ただ、今の腫れや痛みが、ある程度のところまでで快復していけば良
いのですが、親不知は見くびると蜂窩織炎と言って、かなり広範囲に腫
れて高熱を発する事態になることも稀にはあります。

 よって、手元の薬で1〜2日様子見て引きにくい場合は、無闇に我慢
せず歯科か、口腔外科(という科がオーストラリアにあるか知りません
が)を受診することをお勧めします。
 もし、受診したとして、そのまま抜歯もするか、抜歯は止めるかはま
た、引いたとき考えても良いと思います。


                ∞健康な歯で幸せも噛みしめて∞
                       はせがわ歯科医院
                        長谷川 千尋♂
                    愛知県海部郡甚目寺町森下田室58-1
                   tel052-441-1423 fax052-443-6082
http://www2.ecall.co.jp/dental.html

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.