トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 歯茎の腫れについて

投稿者 長谷川千尋 日時 2000 年 10 月 30 日 16:01:52

回答先: Re: 歯茎の腫れについて 投稿者 seyama mai 日時 2000 年 10 月 22 日 15:33:22


>>昔、行ってた歯医者では、歯槽膿漏だと言われたのですが、その後、
>>引越ししたので、別の歯医者に行ったら歯槽膿漏ではなく歯茎が弱い
>>だけ、と言われどっちが本当なのか自分では分かりません。

 歯茎が弱いだけ…という言い方は?です。
 歯槽膿漏のほうでしょう。ただし、今は歯槽膿漏というより「歯周病」といいます。「膿漏」とは膿が漏れ出ている状態で、歯周病がある程度進行した状態です。昔の言い方で言えば、初期の歯周病は<膿漏>ではありませんが、今だに初期から進行期まで一般向けには「歯周病」を称して<歯槽膿漏>と言うことはあります。

 赤く腫れているseyamaさんは当然「歯周病」になっています。
 そんなに腫れていなくても歯周病は存在します。  

>>普通の人より全体的に骨が少ない、とは言われました。
>>このままの状態で万が一腫れが直ったとしても、やはり腫れてた期間
>>というのは、骨が溶かされてしまっているのでしょうか?

 歯周病は、骨に影響がない歯肉炎と、骨が減っていく歯周炎、そして、特殊なもの、全身的疾患によるもの等いろいろありますが、多くは、成長期の歯肉炎と成人の歯周炎です。
 結構腫れていても、十代ないし二十代でも最初までは歯肉炎で骨に影
響がないことが多く、その後は歯周炎になっていきます。あなたがごく
若ければ骨はまだ大丈夫ですが、すでに骨が少ないと言われていますの
で、腫れている間には僅かずつでも減っていったと考えてよいでしょう。

 前も書きましたが、口で息をしていると歯周病が進行しますよ。


                ∞健康な歯で幸せも噛みしめて∞
                   はせがわ歯科医院
                    長谷川 千尋♂
                愛知県海部郡甚目寺町森下田室58-1
               tel052-441-1423 fax052-443-6082
             http://www2.ecall.co.jp/dental.html
                e-mail ec2530@ecall.co.jp



歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.