トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 親知らずの語源って?

投稿者 長谷川千尋 日時 2000 年 10 月 25 日 09:06:23

回答先: 親知らずの語源って? 投稿者 荒良木 智 日時 2000 年 10 月 19 日 21:04:32

 親不知は17歳から遅いと22〜3歳に顔を出すこともあります。

 乳歯の歯の生え始めや永久歯の生え始めは、親はよく覚えているも
のです。その後も、歯が抜けたり生えたりすると、子供が気にして手で
触ったり、母親に報告したりしますが、第二大臼歯は12歳前後に生え
て来ますが、それからかなり経ってから第三大臼歯(親不知)が生える
ので、もう親の関心はなくなります。
 よって、いつ生えたか親も知らないからという説がよく聞く説です。

 が、調べてみると、昔は寿命が短かったので、親不知が生えてくる頃
には、親が亡くなっていて、親を知らずに生えるからという説もあり、
こちらが一番有力だ…と書いてありました。

 よく使っている日常語でも語源はなかなか分からないことも多いと思
います。親不知もそうですね、正直言って考えたことありませんでした。

 今回調べてみてなかなかその手の本を持っていないことに気付きまし
た。ちょっとまた調べてみます。

                ∞健康な歯で幸せも噛みしめて∞
                   はせがわ歯科医院
                    長谷川 千尋♂
                愛知県海部郡甚目寺町森下田室58-1
               tel052-441-1423 fax052-443-6082
             http://www2.ecall.co.jp/dental.html
                e-mail ec2530@ecall.co.jp



歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.