トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 歯の治療法と費用について

投稿者 長谷川千尋 日時 1998 年 12 月 02 日 10:02:00:

回答先: 歯の治療法と費用について 投稿者 高田 日時 1998 年 11 月 30 日 15:15:18:

 まず、保険で白い冠が出来るか否かですが、保険のものもあります。
 どういうニュアンスで言われたかにもよりますが、「保険で出来な
い」というのは誤りです。
 前から5番目の歯まではできるのです。

 但し、3番目の犬歯までは、金属の裏打ちがあるプラスチックの歯
も適用されていますが、4・5番目の歯は全部プラスチックの歯しか
適用されていません。前歯より強い力がかかるのにも関わらず、それ
より弱いものしか出来ないのです。
 どうしてそうなっているかはここでは省きますが、プラスチックの
みの冠ですから、摩耗したり変色したり、時に2〜3年で破損するこ
ともあります。
 ただ、そういうこともある、ということです。決して粗悪な材料と
いうわけではありません。長くもつこともあるでしょう。しかし、歯
科医側としては、あまり早く壊れたのでは信用にかかわるのでそうい
う可能性のあるものは入れたくないと思っているのでしょう。
 
 それに対して、セラミックの歯は変色もなく、対摩耗性も良好です。
6万円という値段は、比較的安いと思われます。通常いくらかという
のは、使用する材料、形態、付随する処置その他の条件が、医院によ
って異なりますので単純比較することは難しいですが、7万円くらい
が愛知県では多いようです。8〜10万円のところもあります。
 費用については、どうしても知りたいことと思いますので書きまし
たが平均7万だとか単純に考えないで下さい。
 東京など大都市で高く、地方で安いという傾向はあります。保険の
ものは全国一律です。

 さて、材料としては保険でない方がよいのですが、どれにするかは
患者さんに選択権があります。白で保険もあるのですから、性質を理
解した上で選択すべきことです。


               ∞ 健康な歯で幸せもかみしめて∞
                  はせがわ歯科医院
                   長谷川 千尋
                   ec2530@ecall.co.jp
                   quhkan@mb.infoweb.ne.jp
             愛知県海部郡甚目寺町大字森字下田室58-1
               TEL052-441-1423 FAX052-443-6082


歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.