トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 歯茎の痩せと治療。

投稿者 長谷川千尋 日時 2006 年 3 月 26 日 00:40:34

回答先: 歯茎の痩せと治療。 投稿者 いよ 日時 2006 年 3 月 23 日 20:57:08


歯と歯の間に詰まる場合、適切な接触圧で適切な形態の詰め物を入れ直せば普通はそれで良くなります。
 きちんと銀歯を入れたのにまた詰まるようになる場合、相対する歯の咬頭(歯の山の部分)が詰まるところに噛み込んでいて、きちんと銀歯を入れてもまた僅かに隙間が開いてしまうことが多いです。歯が僅かに横に移動して再び隙間が出来てしまうのです。
 その場合、相対する咬頭を少し削って食い込みをなくしたり、詰める銀歯の縁を鉤のように作って隣の歯に掛けるようにしたり、あるいは敢えて隙間を広くするのです。
 ちょうどモノが挟まって取れないような幅の隙間なので歯茎に炎症が起きます。挟まっても自然に取れるようなやや幅広の隙間にすれば詰まらなくなります。
 どういう対策が最も適するのか分かりませんが、少し頭をひねって考える必要があると思います。

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.