トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: インプラントで・・・

投稿者 長谷川千尋 日時 2006 年 3 月 26 日 00:16:13

回答先: インプラントで・・・ 投稿者 ゆう 日時 2006 年 3 月 23 日 01:10:36


インプラントをひとまず横に置いておいて、歯周病の直接原因は歯周病を起こす口腔常在菌です。悪化させる要因としてはいろいろありますが、口呼吸、歯ぎしり食いしばり、食生活の乱れ・不摂生、歯列不正、糖尿病など全身疾患、そして喫煙があります。
 タバコを吸うと、口腔粘膜の血行が著しく阻害されます。また、白血球の働きも著しく悪くなります。すなわち、喫煙は免疫力を落とすのです。免疫力が下がれば相対的に菌の力が増します。因って歯周病はより悪化しやすくなります。口腔は直接煙に晒されますので影響は大きいです。
 タバコが肺癌以外にも様々な疾患で悪化因子になるのは免疫力低下をはじめ様々な機能低下を起こすからです。

 さて、インプラントは虫歯にはなりませんが、もともと人工物を骨に生着させたものですから、元々の歯より歯周病にはかなりなりやすいと言えます(インプラントの場合はインプラント周囲炎と言う)。本当にきちんと手入れをしないと高額なお金が無駄になります。
 インプラント治療をする歯科医としても、責任を持って患者さんの協力の上で管理をする必要があります。インプラントが早期に駄目になるリスクは確実に減らしておく必要があります。禁煙してくれない方は歯科医の指導に従ってくれない方…なのでインプラントを長期維持する責任が持てない、よって喫煙者は除くということです。

 早期に脱落しても医院として責任は持ちません、という条件で治療してくれる医院もあるとは思いますけど。
 …ちょっと書き方が冷たかったですか?
 禁煙してくださいね。



歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.