トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 反対咬合・うけ口

投稿者 長谷川千尋 日時 2006 年 3 月 21 日 00:09:20

回答先: 反対咬合・うけ口 投稿者 ヒロ 日時 2006 年 3 月 19 日 23:06:49

どこか矯正歯科へ行ってみるとして、ある医院を受診したら必ずそこで治療を開始しないといけないわけではありません。100万の車を購入するとして、見に行ったディーラーで必ずすぐ買うとは限らないでしょう?
 ですから、まず話を聞きたいという姿勢で受診すればいいのです。費用期間のかかることですから、それこそ2〜3軒回るつもりで構いません。治療には流派のようなものがあり、使用する器具に少しずつ違いがあります。顎関節症の問題も話すと良いでしょう。それも含めて考えてくれる先生が良いと思います。
 反対咬合に限らず、いくらかかってどのくらいの期間か?というのは、程度に因りますし、医院によっても差があります。いくらか?と聞かれてもどのサイトどの先生でも明確には答えられないでしょう。
 ひとまず100万…と考えておいて良いと思いますけども、50万かも知れないし、150万かも知れないのです。
 前回も書きましたが、もし、手術がいるような場合はその部分については健康保険が利くでしょう。しかし、そのような場合は矯正も簡単ではないでしょうから費用はかさむでしょう。
 今の時代、分割払いも可能と思います。
 どこに行って良いか分からないのであれば、埼玉には明海大学歯学部がありますし、東京に医科歯科大、東京歯科大、日本歯科大、日大歯学部、昭和大歯学部があります。大学病院に行ってみるのも良いかも知れません。矯正と顎関節両方見てくれるはずです。
 情報が確定したら動こう…としていても、動かないといつまで経っても分からないこともあります。

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.