トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 親知らずの入院抜歯について

投稿者 長谷川千尋 日時 2000 年 10 月 16 日 10:54:39

回答先: 親知らずの入院抜歯について 投稿者 ヒロ 日時 2000 年 10 月 09 日 23:03:32

 記憶違いかも知れませんが、以前は入院抜歯は余り無かったと
思います。大変な抜歯でも外来で行っていた筈です。

 基本的に、困難抜歯といえども多くは外来で可能と思います。
 親不知の埋まっている状況によりますが、一本ずつ抜歯すれば、
通院でも可能ということです。
 しかし、下顎の場合、一本につき1時間かかるのは当然で、
2時間もずっと口を開いている…という状況は、局所麻酔(普通
の注射麻酔)だけではきついものがあります。

 入院して全身麻酔下とか、静脈内鎮静法下であれば、患者さん
のほうとしてもストレスがかなり軽減でき、しかも術後に何らかの
治癒不全があってもすぐに対応できるという利点があります。
 また、一度に終わるので忙しい中で時間を割いて歯科に通う
必要がなく済みます。

 欠点としては、抜歯の費用の他に、入院の諸費用、その前の
検査の費用、全身麻酔ないし静脈内鎮静法の費用がかかるので、
割高になる筈です。  
 しかし、どうでしょう?
親不知の抜歯はかなり不安があります。
この「歯の診察室」で最も多い質問は親不知関係で、
術後の状態の不安がいろいろ来ています。
入院下出あれば、痛み・腫れがあっても、点滴等で素早く対応が
可能ですし、すぐ側に医師・看護婦もいます。
 よって「絶対これ…」などと勧められるのだろうと思います。

 鎮静法は、完全に意識をなくす全身麻酔とは違い、麻酔薬を
薄めに投与し、意識はあるのが緊張が取れ、ふわーっとした状態に
するものです。
時間の感覚も薄らぐので、意識があっても長時間行われていると
いう感じでは無くなり、そのあたりが良いところでもあります。
 静脈注射で行うものと、笑気吸入で行うものがあります。

 どうしても日にちが取れないというのでなければ、入院抜歯も
なかなかいいのでは?と思います。

 入院しても、生命保険の入院特約とか、入院保険が下りない
こともあるそうです。1日目から可能というものでも抜歯は除か
れるとかいてあったりしますのでその辺も確認されると良い
でしょう。


                ∞健康な歯で幸せも噛みしめて∞
                   はせがわ歯科医院
                    長谷川 千尋♂
                愛知県海部郡甚目寺町森下田室58-1
               tel052-441-1423 fax052-443-6082
             http://www2.ecall.co.jp/dental.html
                e-mail ec2530@ecall.co.jp



歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.