トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 外歯ろう

投稿者 長谷川千尋 日時 2006 年 3 月 04 日 00:39:47

回答先: Re: 外歯ろう 投稿者 きょん 日時 2006 年 3 月 02 日 15:47:29


  ご本人はもう読まないかも知れませんけど、ネットで情報を探す人もあるので意見を追加します。
 根の先に膿が溜まってそれが表面に出てくるものを歯瘻(しろう)といいます。その殆どは歯茎に出てきます(内歯瘻)。外歯瘻になるのは珍しく、私は20年の一般歯科医経験で外歯瘻は2〜3例しか見ていません。内歯瘻はしょっちゅう見ますが。

  膿の出口(瘻孔)であった顎の凹みの手術を…と書いてありますが、これは皮膚に瘻孔があると表皮細胞が瘻管(歯の根の先から出口までの管)に入っていってしまうので、原因の部分の膿が無くなっても瘻孔が消えないためです(消えることもある)。
 内歯瘻の場合は直ぐ消えます。
 根の先に膿が溜まっても歯そのものがまだ丈夫であれば根管治療で歯を残すのが当然ですが、根管治療は残念ながら再発することもあります。
 普通の内歯瘻の場合はまた根管治療をするとか再発したら抜歯…でも、瘻孔は直ぐ消えるので良いのですが、歯を残して外歯瘻が再発したら、また、皮膚の形成手術をする…としたらどうなのでしょう?
 そう考えると、原因歯を抜歯しておいた方が無難…ではないでしょうか?
 
  手持ちの書籍やネットで調べてみても(原因歯の治療などと)はっきり書いていないことも少なくないですが、抜歯、あるいは残す場合は歯根端切除手術をする…などと書いてあり、抜歯が不適当というわけではなさそうです。

 都立病院の口腔外科の先生は教科書的に抜歯を勧められたのではないかと思います。でも根の先の膿が再発しないかも知れないし、実際再発は少ないのですから、抜かずに治ったのであれば残したいのも当然です。
 身体のことはデジタルの世界のように明確に2つに分けられないことも良くあります。後は自分の希望も踏まえどの様にしてもらうか?…と言うことになります。


歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.