トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 根っこの治療

投稿者 長谷川千尋 日時 2006 年 2 月 28 日 00:04:04

回答先: 根っこの治療 投稿者 もあ 日時 2006 年 2 月 24 日 15:58:50


もともと根の先に影があった、その病巣に器具を到達できないうちに折れてしまった…ということは確かにその器具によって直接根の先の病変らしきものを悪化させることはないと思います。
 ただ、虫歯があって治療を開始したのですから、虫歯の部分というのは隙間に沿って進行しますから金属の棒のに沿ってすなわち以前神経のあった部分(根管)の壁面もずっと虫歯になっている可能性があります。折れた器具そのものから感染はなくても、まだ、根管の清掃消毒が終わっていないときに折れた場合、根管はそのままなので、内部から虫歯が広がりその歯の寿命が短くなる可能性はあります。
 ほぼ清掃が終わっているときに折れたのであれば、根の先はともかく届く範囲の部分からその歯が悪くなることはない…かも知れません。
 治療中に問題が起きた場合、歯科医が注意を怠って発生するものもあれば、偶発的に起こってしまうものもあります。どこで線引きをするか難しい部分もあります。
 今回、無料にする…と言われたということは歯科医の方が何らかの過失の可能性を自ら認めている…とも受け取れます。
 無料にすると言われたのなら受け入れても良いのではないか?という気もしますけど…書かれていることだけではどうすべきかはっきりとは言えません。疑問があれば良く確認の上、ご自身で決めて下さい。


歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.