トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 舌先の痺れ

投稿者 長谷川千尋 日時 2006 年 2 月 25 日 00:33:00

回答先: 舌先の痺れ 投稿者 ぴょん 日時 2006 年 2 月 24 日 14:29:39

麻酔注射そのものによる身体の反応(チクッと刺されることによる)か、或いは麻酔薬に含まれる血管収縮剤(麻酔を長く効かせるために添加されている)により、麻酔された部分より広範囲に長く血管が収縮してしまうことがあります(キューンの貧血帯?)。長いこと血が通わないと炎症が起こり痛み物質も出ますから局所の痛みとなります。
 血管と神経は並んで走行していますから、血行不良により神経が死んでしまうことがあります。ここで言う神経とは歯の中の神経ではなく、身体を巡る神経のことです。歯や歯茎に来ている神経は三叉神経の枝で舌の知覚神経も三叉神経から分かれています。麻酔薬が広がっていない部分であっても身体の反射により中枢方向に遡って血行不良になっていると、枝分かれしている舌の方の神経まで影響を受けた可能性があります。
 味覚が大丈夫なのは、味覚の神経は別系統だからです。

おそらく一過性で自然に回復してくると思いますが、神経治療薬を飲んだ方が良いと思います。ビタミンB12製剤(メコバラミン)、ネオスチグミン、ATP製剤などです。
  次の予約が先であれば、早めに診てもらった方が良いです。


歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.