トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 親知らずと顎の痛み

投稿者 長谷川千尋 日時 2006 年 2 月 19 日 22:28:03

回答先: 親知らずと顎の痛み 投稿者 ブー 日時 2006 年 2 月 18 日 22:40:13

>>左上の親知らず(完全に出ていますが、外側にずれて生えています)
…と書いてあります。外側にずれて生えていると、虫歯の部分を削るのが非常に困難なことがあります。歯を削る機械の先が頬に邪魔されて入らないのです。歯を削るには頬も削らないと行けない(!?)ような状態もあります。頬を削るわけにはいかないので親知らずの抜歯となります。
 顎の症状がなくても親知らずが不完全に生えている場合は私はこのような説明をして抜歯することがあります。
 今回はその親知らずが顎の動きに制限を加えて負担をかけている可能性もあります。親知らずは身体の中で退化しつつある部分なので、状態が悪ければ直ぐ抜歯しても差し支えありません。きちんと生えて上下噛んでいる場合はそれなりに残しますが。
 最初に書かれた症状は顎関節症です。顎関節症は悪習癖などで発症することが多いですが、歯並びや噛み合わせの影響もあります。必ずしも親知らず1本で発症するわけではありません。
 今回はどんな条件が重なっているのか分かりませんが、仮に抜歯して顎関節の症状が直ぐ取れないとしても、抜歯した方が良いと思います。ご自身で外側にずれて生えている、と明確に書かれていることが根拠です。


歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.