トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 奥歯のクラウンがとれたのですが。。

投稿者 長谷川千尋 日時 2006 年 2 月 15 日 13:48:53

回答先: 奥歯のクラウンがとれたのですが。。 投稿者 みほ 日時 2006 年 2 月 11 日 06:20:06


治療については、最も簡単に済むとすれば、取れたクラウンを清掃してまた接着剤で付けて終わります。歯は毎日衝撃を受けていますのでその繰り返しによって外れることはあります。
 しかし、土台の歯が虫歯になっていれば、土台から作り直しになります。根管治療も必要な状態と診断されればそれも必要です。土台の作り直しまでで済めば一ヶ月の日本での滞在中で終了するでしょう。しかし、根管治療まで必要な場合は終わらない可能性があります。今痛みもない…としても、実感としての症状と、レントゲンまで含めた状況とは違う場合は良くあります。
 最も悪い場合としては、その歯を抜歯する必要があると言われた場合です。以前の治療ですでに「何とか残した」…とすれば、今回はもう使い物にならない根である可能性もあります。
 腫れて血が出る…という症状が歯周病からの場合は違いますが、歯の根が虫歯だったり割れていたりして歯茎が膿んできているとすると、抜歯の可能性があります。

 それらを踏まえると、費用はもっと分かりにくくなります。単に付けるだけで済めば自費でも数千円の単位でしょう。
 再制作の場合は一挙に数十万円になる可能性があります。銀のものと言っても、材質によってずいぶん違います。日本の健康保険で使う安い金属をそのまま自費で請求されるとすると、数万円で済むかも知れませんが、白金加金など高価な金属の場合は1本数万円とすると2〜3本で十数万円から二十数万円になってきます。
 もし、抜歯してもっと長いブリッジにするのか、部分入れ歯にするのか、インプラントを植えるか?となればまた変わってきます。そして、期間も必要ですから、それらの場合は日本では出来ないということになります。

 単に付け治すだけか、クラウンだけ再製作するくらいで済めば日本で治療が終わるかもしれません。
 とにかく受診しないと分からないと思います。


歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.