トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: セカンドオピニオン

投稿者 長谷川千尋 日時 2006 年 2 月 07 日 00:12:07

回答先: セカンドオピニオン 投稿者 tamama 日時 2006 年 2 月 03 日 15:16:17

1  クラウンですが、虫歯で歯を削ってその後に何か修復物で補う場合、噛む衝撃を毎日受ける歯に維持出来る形態も必要なのです。はまり込む形がいるのです。よって、虫歯の範囲が広がると虫歯でない歯質の部分まで削り込んで維持できる形態にする必要があります。
 必ずしも詰め物の次が全部被せるクラウン…ではなく、削る量を控えて部分的に被せる形態を工夫することもあります。限界はありますけど。
 6番だと余り見えない部分ですが、矯正のために小臼歯を抜歯しているとやや前方にあるのでそれで少し目に付くのでしょう。
 保険は金属だけ…はその通りです。
 9万と、3万…3万は色が変わる…では説明になっていませんね。何万かの買い物をする場合にそれで決めますか?もう少し分かりやすい説明が欲しいと思います。
 白い歯の場合、オールセラミックス、メタルボンド、ハイブリッド前装冠、ハイブリッドジャケット冠、硬質レジン前装冠などがあります。
 クラウンは自費でも保険の金属でもリテーナーに合わせる必要があります。

2リテーナーはゆるくないですか?矯正終了直後は隙間など出来ていないはずです。歯列不正を直したのですから。しかし、リテーナー時に少しゆるむことがあります。噛み合わせの調整をしたり、リテーナーのワイヤーを閉めたりして少しの隙間なら閉鎖できるのではないでしょうか?それで出来なくても、また固定の矯正具を付けるのではなく隙間を埋めるくらいなら簡単な取り外し式の矯正具で改善できると思います。
 もし、出来ないとしても、歯を削って隙間を埋めるのなら、気になっている部分だけでも良いのではないでしょうか?指摘された部分は意識してよく磨けば良いと思います。詰めてしまえば虫歯にならない訳ではありませんし。




歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.