トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 最悪の虫歯

投稿者 長谷川千尋 日時 2006 年 1 月 19 日 11:01:08

回答先: 最悪の虫歯 投稿者 こういち 日時 2006 年 1 月 17 日 22:52:22


  差し歯に出来るか否かは、残せる歯質の量に因ります。歯冠(上に出ている部分)が全くなくても、根が比較的健全の場合は差し歯に出来ることもあります。逆に、歯冠がまだ十分あるように思えても根の中まで深く虫歯になっていると、形はあっても薄い脆弱な歯質のみとなり噛む力を支えきれないと診断して抜歯されることもあります。
 レントゲンを含めてよく調べないと全く分かりません。
 必ずしも放置した期間と一致しませんが、概ね比例はしますから、かなり前から折れている歯は抜歯の可能性は高いでしょう。

 差し歯に出来る歯もあれば抜歯の歯もある場合に、抜歯してしまう位置には取り外しの入れ歯を入れないといけない場合があります。入れ歯が嫌な場合、インプラント(人工の根を植えてその上に差し歯にする)という方法もあります。ただ、インプラントは定期的管理が自分の歯以上に大切です。

 多数歯の欠損の場合、差し歯に出来る歯があっても神経の治療で回数が掛かったり、噛み合わせる位置が分かりにくかったりする場合には、先に全体に入れ歯を作ってしまってから、可能な部分は差し歯に取り替える…ということもあります。

 とにかく受診してみない分かりません。
 あなたの人生を、歯と同じように問題を先延ばし放置してしまわないようにするためにも心して歯の治療をして欲しいと思います。


歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.