トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 六歳臼歯の虫歯

投稿者 のり 日時 2006 年 1 月 16 日 11:34:12

回答先: Re: 六歳臼歯の虫歯 投稿者 長谷川千尋 日時 2006 年 1 月 16 日 00:53:23

> 探針の検査については、昔は、奥歯の溝の虫歯については鋭い探針を刺してみて粘っこい抵抗感があれば虫歯なので削って詰めないといけない…と言われました。

>  現在の検査の指針としては、それは確かに初期虫歯だがごく初期は唾液カルシウムからの再石灰化により進行しないこともあるので無闇に突き刺さないこと…ということになっています。でも、探針を使うな、ということではなくて、歯の溝は歯垢で覆われていて溝が確認出来ないこともあります。それをそうっと取る分には問題はありません。歯と歯の間についても歯垢を探針でよけてから虫歯を確認することはよくあります。とにかく突き刺さなければ良いのです。見える部分は目視でほとんど分かります。
>  2〜3年前、レーザーを当てて虫歯の程度を見分ける機械が出てきました。目視より正確に出る…ということですが、そのためだけで数十万円もする機械なので、それほどは使われていないと思います。
>  
>  小児の虫歯は直ぐ進行することもあるので、学校健診以外でも定期的に見せた方が良いと思います。
>  再石灰化を促すには、キシリトールガムや、フッ素塗布・洗口などがあります。
>

お忙しいなか、分かりやすいご回答ありがとうございました。定期的に検診をうけ、子供の歯を守っていきたいと思います。

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.