トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

歯根部嚢胞について

投稿者 ゆい  地域 福岡県  日時 2006 年 1 月 15 日 01:49:31
十年前に交通事故で上の歯のほとんどを差し歯?にしていて、1、2年程前レントゲンを撮ったさい、左の前歯から2本目と3本目の上の歯根部に膿がたまって袋を作っていると歯医者に指摘されました。しかし、歯医者から、膿を治療すると歯に対するリスクの方が高いから、と言われ治療せず様子をみることとなりました。今回、妊娠前に歯科治療をしておきたいと考え別の歯科を受診し歯根部の嚢胞の件を話したところレントゲン上嚢胞は確認されましたが、実際差し歯をはずしてみた後に、歯茎を少し切って膿をとり2回で治療は可能だが、治療することでのリスク(腫れ、痛み、治癒困難等)の大きさを考えると膿がある状態は良くはないが、現段階では今自覚症状がないのであれば自覚症状が出てから治療に踏み切ってもいいのではないか、と言われました。そこで質問なんですが、歯根部嚢胞をこのまま治療せずに放置していたらどうなるのですか?また、治療することでのリスクとしては最悪な場合どのようなことを考えて置かなければならないのでしょうか?次回受診までに治療するか否か自分で考えておく様、歯医者に言われましたが、説明がいまいち分かりづらく、できれば歯科治療万全にして妊娠したいとも考えているためどうしたらいいか悩んでます。お忙しいところ申し訳ありませんが教えてください。

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.